ED治療薬や勃起薬の一種であるバイアグラを飲むと、どんなEDでも改善できるわけではありません。
バイアグラと同種同量の有効成分が配合されている、ジェネリックにも同じことがいえます。またバイアグラ以外のED治療薬や勃起薬の種類であるレビトラやシアリス、そしてこの2種類の後発医薬品に対しても同じことがいえるのです。

バイアグラとEDの関係

女性の裸を見る、体に触る、触られるなどの性的刺激が加わると大脳が興奮します。
興奮は脊髄に存在する勃起中枢へ、さらにはペニスの海綿体にまで伝わります。するとペニスの内部で一酸化窒素(NO)が発生し、cGMP(環状グアノシン一リン酸)が増加。そしてペニスの血管や海綿体の筋肉がゆるみ、海綿体へと血液が流入し、その圧力で海綿体が膨張、硬くなります。これが勃起現象です。

勃起がおさまるまで

cGMPが働くことでペニスはギンギンに勃つのですが、cGMPが放出されたままでは勃起がおさまりません。
セックスやオーラルセックス、オナニーで射精するなどして性的興奮が消失すると、cGMPを破壊するPDE5(5-ホスホジエステラーゼ)という酵素が発生します。これにより弛緩した血管が締まり、勃起が止まります。
勃起に異常のない方の場合はこのようにして勃起が発現し、おさまるメカニズムになっています。しかしEDの場合は違うのです。

EDはPDE5が優勢

EDの方はPDE5の作用が強くなって、正常な勃起の仕組みに狂いが生じています。
そのせいで性行為の際に勃起や勃起の維持が不十分で、満足な性交ができない状態に陥ってしまっているのです。
バイアグラやレビトラ、シアリスやこれらのジェネリックはPDE5の作用を阻害します。それによって勃起が促進されることになるため、またの名をPDE5阻害薬といいます。

バイアグラがどんなEDでも改善できない理由

PDE5阻害薬は血管を拡張して陰茎海綿体への十分な血液流入量を確保し、勃起の発現やその維持をサポートしてくれる医薬品です。
ただ、服用すれば勝手に勃起が起こるわけではありません。性的欲求や興奮、性的刺激がなければ勃起はしないのです。性欲や性的興奮の高まり、精力アップの効果は望めません。
そのため、性欲減退や精力減退が著しい人にはバイアグラは効きにくくなるのです。

EDの種類とバイアグラ

EDは勃起不全や勃起障害などとも呼びますが、複数の種類が存在します。
体の病気やケガなどのせいで起こる器質性ED、心理的な問題のせいで起こる心因性ED、薬の副作用のせいで起こる薬剤性EDをあげることができます。
要因を取り除くと共に、バイアグラなどのPDE5阻害薬が使用されることは多いです。しかしどの種類のEDでも、PDE5阻害薬での根本治療は無理です。

バイアグラは対症療法として使用する薬剤

PDE5阻害薬の服用後、EDの症状は改善します。
しかしバイアグラやレビトラ、シアリスやこれらのジェネリックは作用がいつまでも持続するわけではありません。バイアグラやレビトラは5~6時間程度、シアリスでも1~1日半くらいです。シアリスは数時間かかる方もいますが、空腹時の服用後30分程度で作用が始まり、飲んですぐ効く即効性には優れているものの、作用が消失すれば服用前のチンコに戻ります。
したがって、バイアグラなどはEDの症状に悩む方が性行為をするときに備えて飲むものという位置づけになります。根本的な解決には別の対策が必要でしょう。

PDE5阻害薬とは別のアプローチ

精力剤はバイアグラなどのED治療薬や勃起薬のほか、サプリメントや健康食品、清涼飲料水なども含まれています。
PDE5阻害薬以外のED改善法としては、ED治療薬や勃起薬以外の精力剤に該当するものを取り入れることがおすすめです。
毎日服用し続け、パートナーとの性行為や自慰行為のときのみPDE5阻害薬を服用する生活を送ります。併用する方法はED改善に有効という研究報告も残っている、期待値の高い克服法といえるでしょう。

精力増大サプリなどがおすすめ

PDE5阻害薬と併用する精力剤としては、精力増大サプリが良いでしょう。
原材料として天然のバイアグラと呼ばれるマカなどが配合されているもの、アミノ酸のアルギニンやシトルリン、セックスミネラルと呼ばれる亜鉛など、性欲や精力アップに期待の持てる原材料成分を豊富に含む商品が人気です。
また精力増大サプリには滋養強壮効果による精力減退の克服、性欲や興奮の高まりのほか、勃起力に効果的なものもあります。
たとえばアルギニンやシトルリンが血管拡張のために働くことによって、海綿体への血流改善が期待できます。

根本治療に即効性を期待しない

強壮剤や強精剤、勃起薬を併用していくED克服法に対して、すぐに結果が出ることを求めるのは現実的な考えではありません。
病院やクリニックでも、2~3ヶ月はPDE5阻害薬以外の精力サプリなどを毎日服用し続けることを推奨しているところがあります。
また、いったんED治療薬に頼る必要のない状態まで改善しても、途中で精力剤の服用をやめるとまた悪化してくることも絶対にないわけではありません。PDE5阻害薬は卒業しても、性欲や精力、勃起力がみなぎる良い状態を維持していくための栄養補給に、精力サプリはずっと続けるのも良いでしょう。
ED治療薬という呼び方もよくされているため、バイアグラなどのPDE5阻害薬はED自体を直接完治させるものと誤解されているのかもしれません。
実際のバイアグラについて触れると、以下のようにまとめることができます。

  • 前提として性的欲求があり、性的刺激がなければ勃起は起こらない
  • 薬の作用消失とともにEDの症状は服用前に戻る
  • バイアグラを卒業するには精力サプリなどとの併用による体質改善が必要になる

性行為の際だけ症状が改善すれば良い方は、バイアグラのみで事足りるかもしれません。
しかしそうでない方は、精力サプリなどとの併用を行いましょう。