ちんこが細い?どうすれば太くなる?徹底調査

ちんこが細くても普段は困る事はないですが、女性とエッチをしている時に、すぐ抜けてしまうことがあるでしょう。

 

これは、ある程度普通のちんこの大きさでも抜けてしまうので、ちんこが細い場合、女性から見ると不満に思ってしまう可能性があるのです。

 

女性の膣の太さは、セックス中にある程度大きくなっていくため、ちょっと大きいちんこでも入れることが出来るのです。

そう考えると、ちんこが遅い場合、女性の膣に入れた時点で「スカスカ」の可能性があるので、女性は感じない場合もあるのです。

 

もしあなたのちんこが、細く感じているなら、

 

なんでチンコが細いのか?

どうすればチンコを太くできるのか?


このように考えているのではないですか?


このページでは、

なぜちんこが小さいのか?

どうすればちんこを太くできるのか

を徹底的に調査して、ご紹介いたします。

 


なぜ、ちんこが細いのか?

ちんこの細さは遺伝子では決まらない

父親が大きいちんこであっても、子供がその遺伝子を受け継ぐとは限りません。

遺伝子では受け継がれないと思われる筋肉部分(BC筋)や、ちんこ中の血液の量で変わってきます。

 

そのためちんこが平常時に小さくても、勃起したとき大きく・太くなる人もいます。

 

ちんこが細いのは海綿体という血液が影響

一酸化窒素

海綿体は血管で常に血液が送り込まれ、興奮すると海綿体に送られる血液の量が増加し勃起します。


ちんこが細くなっているのは血液が送り込まれる量が少ないためです。

海綿体の数を増やすことはできないため、鍛えたり食事で栄養を摂っても生まれもった血管の数が増えることはありません。


ちんこを太くするのであれば海綿体に流れる血液の量を増やすことで改善することが期待できます。

勃起した時以外に普段でも太くしたい場合は勃起させる習慣をつけると良いです。

普段から血液が流れやすい状態にすることで血管が広がり流れやすい状態になるので、平常時であっても膨らみ太くなることができます。


ちんこはどのような作りになっているのか?

ちんこの細さやサイズなどが気になりますが、ちんこの作りを知っておく必要があります。


ペニスは筋肉や脂肪などで作られているのではなく、血管が束になってできています。


ペニスは3層構造になっていて、一番外側は皮ふで、その内側には白膜があり、一番内側には沢山の血管があります。


この血管のことは陰茎海綿体と言い、海綿体は束になった電源コードのようで、沢山の血管に血液がペニスの真ん中を通っているというイメージです。


ペニスは勃起してサイズが大きくなるため筋肉などで出来ていると考えがちですが、実は血液の固まりという事になります。

 

チンコが勃起するのは、性的な刺激によって脳が興奮して、脊髄を通って勃起中枢に伝わります。


そこから陰茎に一酸化窒素が放出されて血液や筋肉に作用をすることでサイクリックGMPという物質が増えます。


これが増えると海綿体の筋肉が緩み血液が大量に流れ込むことで勃起します。


脳から神経から海綿体へと機能させることで正常に勃起することができます。

 

勃起力は血流に大きく関係していて、勃起には血流がペニスに大量に流れ込むことで硬く勃起することができますが、濃度が濃く流れにくいなど体内の血流に問題がある場合、勃起しにくくなります。


男性ホルモンの分泌が減少することで精力が低下したり、興奮することが減るなどで勃起自体が減ってしまい、そのまま勃起不全のEDになってしまうことが考えられます。

 

ペニスと女性器は凹凸の関係になっており、ペニスが伸び縮みする仕組みによって子孫を残す際に精子を奥に送り込めるようになっています。


またペニスのカリの部分は子孫を残すためにあるものと言われています。


女性器の中に入った男性の精子を、カリの部分でピストン運動をするたびに書き出して、その上で自分の精子を注入するという非常に理にかなった形です。


チンコは女性器と比べて排尿や射精をする際に、手や体に付きにくく汚れないというメリットもあります。


ちんこが短い場合は?

 

ちんこのサイズには色々あり、サイズが短い場合があります。


ちんこが短い場合は隠れている海綿体が長い事が考えられます。

 

日本人であれば平常時のペニスの長さは殆ど変わりはないのですが、短小に見えるのはちんこがもぐっている部分が長いためです。


皮下脂肪が多い体型の場合、脂肪に隠れているように見えることもあります。


また標準であっても先天的に隠れやすくなっている人もいます。

 

ペニスが短いと悩んでいる人もいますが短いという事ではなく、サイズは長くても内側に隠れているという場合が多いです。

 

もぐっているちんこを改善することもできます。


改善するためには球海綿筋という筋肉がポイントになります。


この球海綿筋は勃起した時に海綿体を押し出す働きのある筋肉でPC筋とも言われます。


このPC筋の筋肉は鍛えることができるので、ストレッチというよりは筋肉を鍛えることで短小は改善することが期待できます。

この方法については、チントレの方法ページで詳しく書いてありますのでご覧ください。

 

PC筋は骨盤底筋と呼ばれる筋肉で、根本の上部にあり勃起した際に上向きになったちんこを支える役割があります。


これをトレーニングで鍛えると短いペニスの改善や勃起力を向上させます。


またpc筋にはちんこに溜まった血液を食い止める役割があり、勃起を維持することもできます。

 

トレーニング方法には、肛門を開いたり閉じたりする方法です。


肛門を5~10秒の間締めて、5~10秒かけてゆっくりと力を抜いていき、これを15回繰り返します。


他にも手軽にできるのはおしっこを途中で止める方法です。


この方法はpc筋の筋力を確認するのに適したトレーニングで、おしっこをする際に途切れ途切れにするのがやり方です。


難しいことはありませんが、このトレーニングを行い力を入れても放水が止まらない場合には、筋力がかなり弱くなっている状態と言えます。


接辞を真っ直ぐにして上体だけを曲げるシッシースクワットも効果的です。


両手を腰に添えて、膝を突き出す形にして状態を反らさず後ろに倒し、限界を感じた所で5秒間止め、ゆっくり元の状態に戻ります。


初めのうちはきつく感じるため最初は無理せずに出来る回数を行うと良いです。


ちんこが細い場合は?

 

ちんこの悩みは短小以外に細いという悩みもあります。


細いのも海綿体が影響しており、海綿体は血管で、興奮すると血液が送り込まれて血流が増加して勃起します。


ペニスが細いのは送り込まれる血液の量がすくないためです、そのため、細い状態を太くするのは流れる血液の量を増やすことで改善することが期待できます。

 

ちんこに流れる血液量を増やすために有効な方法のひとつにペニス増大サプリを飲むことです。


チントレでペニスを鍛える方法が紹介されている場合もありますが、筋肉ではないため鍛える事は難しいです。


クリニックで手術をする事でちんこを太くすることも可能ですが、メスを使用するという事と失敗のリスクを考えると躊躇してしまうものです。

 

ペニス増大サプリであれば海綿体に流れる血液量を増やすことができて、手術などは必要ないためちんこを安全に大きく太くできます。

 

ペニスを太くするメリットにはエッチをする際に女性の気持ちよさが倍増し、射精時の勢いも増し、温泉などに行っても恥ずかしくなく自信がもてます。

 

ペニス増大サプリは、クリニックを受診することで処方してもらうこともできますが、クリニックに行くのは気が引けるという場合には、通販サイトでも購入することができます。


増大サプリは、即効性はないので、2~3ヵ月は毎日続けて飲む必要があります。


そのためサプリはできるだけ安く購入したいと考えますが、通販サイトではパックで販売している場合がありお得に購入することも可能です。


通販サイトにも色々あるので、信頼できる通販サイトを利用することも大切なことです。

 

増大サプリは、薬ではないので飲むタイミングなどは特にありませんが、基本的には製品の用量用法を守って飲むことが大切で、毎日飲まずにたまに飲んでみたり、早急に効果を実感したいために過剰に飲んでも効果は期待できません。


毎日継続して2~3ヵ月飲み続けることでペニスを太くすることができるようになることが期待できます。