チンコの大きさはどれぐらいがいいのか?

チンコのでかさはある程度あったほうが、女性うけがよいのは間違いありません。


巨根サイズにする必要はありませんが、長さで13.5cmくらいは欲しいところです。


さらに亀頭直径・竿の直径なども太く、全体的にバランスが整っている状態がでかいちんこの条件と言えます。


長さだけあってもいけませんし、太くて短いのもアンバランスです。


女性を満足させるためには拡大コピーする感覚で大きくする必要があります。

 


ただし、ただ大きくするだけでよいわけではなく、同時に硬さも手に入れることが大切です。


大きくても柔らかいと女性が満足することができず、SEXの満足度は悪いものとなるでしょう。


相手を満足させるためには平均以上の大きさ、そして十分な硬さが必要になってきます。


硬くすることにより快感が増しますし、射精感も格段に高くなるはずです。


もちろん女性側が受ける快感も数倍になり、お互いの性生活は充実したものになります。


パートナーとの不仲の原因には相性の不一致がありますが、これは工夫次第である程度解消できます。


でかいちんこになることで女性うけがよくなり、SEXの回数は自然と増えていくはずです。


お互いに気持ちよい性行為を楽しむことが円満の秘訣であり、関係を長続きさせてくれるわけです。


日本人のチンコ平均サイズはどれぐらいなのか?

日本人 チンコ

参考:TENGAのページ

TENGAのページによると日本人の平均サイズは亀頭直径 約3.5cm、竿の直系 3.2cm、長さ 約13.5cmとなります。


バランスよく大きくするのが好ましいため、長さだけでも太さだけでもよい状態とは言えません。


サイズが小さくなると挿入時の快感が弱くなり、これは男女に共通することです。


特に女性はサイズにより快感が大きく変化するので、平均程度のサイズは欲しいところでしょう。

とは言っても漠然と大きければよいわけではなく、長さで言えば約13.5cmプラスマイナス1cmが適切と言えます。

 


15cmになると確実に大きく感じられ、抵抗を感じる女性も出てきます。
AV動画ではビッグサイズのAV男優が普通ですが、もともとAV男優は立派なペニスの持ち主が多いです。


これらは平均サイズではなく、動画では平均より相当に大きいモノを見ているわけです。

平均ペニスサイズは13.5cmで問題なし?!

自分のペニスは小さいと錯覚している方が多いですが、長さ 約13.5cmあれば問題はないでしょう。


12.5cmあれば普通サイズであり、12cmくらいまでは問題なしと考えてよいです。


12cm未満になると小ぶりと言えますが、身長との兼ね合いもあるので一概には言えません。


逆に身長が180cmあるならば13.5cmでも小さいと考えることができます。


亀頭直径 約3.5cm、竿の直系 3.2cmの部分については計測するのが難しいですが、パッと見た目で違和感がなければ大丈夫です。

欧米サイズのペニスサイズは?

欧米人サイズを目指している日本人もいますが、必要以上に大きくしなくても大丈夫です。


欧米人は体格が日本人より随分と大きいので、大きいのは当然と言えます。


ペニスサイズは身長相応に留めるのが好ましいので、小柄な日本人が欧米人サイズを目指す必要はないわけです。


AV動画では20cm超の持ち主もいますが、こうした男性は現実的に非常に少ないです。


一般的に15cmのサイズがあればかなり大きいので、長さ 約13.5cmを平均と考えてまったく問題ありません。


巨根サイズはどれぐらいの大きさなのか?

巨根サイズの判断は難しいところですが、一般的に平常に長さ10cm以上、勃起時に長さ19cm以上あれば巨根と考えてよいです。


日本人の平均サイズは13.5cmなので、正確に言えば15cmでも巨根の部類に入ります。


これは人によって解釈が異なってくるので、明確な基準は存在しないと考えてください。


ペニスは大きければよいものではなく、全体的なバランスが重要です。


勃起時の膨張力も重要なポイントで、勃起してもあまりサイズが変わらないようでは問題があります。


一般的に勃起時は1.5~2倍くらいの大きさになる必要があるでしょう。

 


巨根サイズの定義は明確ではないため、自身とパートナーの価値観によっても変わってきます。


小柄な女性にとっては14cmでも相当に大きいと感じるはずです。


逆に大柄な女性にすれば14cmは小さいと感じることが多く、体型も視野に入れた上で考える必要があります。


一般的な日本人カップルを例にした場合は、13.5cmのサイズがあれば問題はないと言えます。


ただ大きければよいものではなく、同時に硬さも重要になるわけです。


硬さに関してはリンゴ程度が理想であり、若いころのペニスはちょうどこんな感じです。


年齢を重ねることで硬さは減退していき、完全なる勃起不全になるとこんにゃく程度になります。


その中間であるオレンジやグレープフルーツ程度の状態も、フル勃起ではないと言えます。

 


ペニス増大サプリが注目されている理由は、サイズと同時に硬さが手に入ることです。


ペニスは硬いほどよいのは間違いなく、硬すぎて困ることはありません。


ペニス増大サプリの主力成分はシトルリンで、強力にサラサラをサポートしてくれます。


サラサラになった血流は全身をスムーズに循環できるので、下半身を十分に勃起させることができます。


ペニスの硬さを決める要素となるのは体力よりも血流であり、成人病を遠ざけてサラサラを維持すれば何歳になっても十分な硬さを維持できるはずです。

 


おすすめのペニス増大サプリをご紹介

ヴォルスタービヨンドの魅力はシトルリン量にあり、1日の目安量に801mgも含まれています。


トップクラスの配合量を誇っており、強力にサラサラサポートをしてくれるでしょう。


若いころはサラサラ体質が普通ですが、年齢を重ねるとそうはいきません。


一般的に40代になると減退を感じるようになり、早ければ30代から実感するはずです。


生活習慣を健全な状態で維持すれば、50代以降でも元気を維持することが可能となります。


中高年になったからEDは当たり前と諦めるのではなく、まだまだ大丈夫と前向きに考えることが大切です。

 


昔はEDになると改善させることが困難でしたが、今は高品質なペニス増大サプリが登場しています。


ED治療薬も普及しているので、心因性・血行不良による複合的EDも解消することができます。


ただしED治療薬を服用するのは最後の手段と考えて、まずはサプリから試してみましょう。


サプリは精力剤と比べても作用がマイルドなので、長期的に飲んで対策ができます。


ヴォルスタービヨンドは特にシトルリン量が多いので、サプリの中でもトップクラスの実感度を誇っています。


30日間返金保証が用意されているのも、自身の証拠と言えるでしょう。


サプリは実感するのに2~3ヶ月はかかりますが、ヴォルスタービヨンドは1ヶ月で変化を得られる方が多いです。


シトルリン量を限界レベルにすることで、非常に実感できるサプリとして人気があります。


さらにアルギニンは282mg、亜鉛は12mgと高濃度配合しており、体力・精力をともに底上げできます。


体力が低下してくると精力も落ちてくるので、体力低下には十分に注意してください。


疲れが翌日まで残るようになってきたら、EDの前触れの可能性があります。


前兆を感じたときが対策するタイミングなので、ペニス増大サプリを飲んで勃起力減退を防いでください。


ヴォルスタービヨンドには特許成分のジオパワーも配合されており、若いころの元気を復活させてくれます。