EDの原因は複数あり?勃起機能が低下する理由について

 

勃起機能が低下する理由に関し、EDの原因はひとつではなく複数あります。


物理的要因によって生じるEDや精神的要因によって生じるED、特定の医薬品の副作用によって生じるEDに大きく分けることが可能です。

感度が悪く勃起が起こりにくく持続しにくい、ペニスが勃起しても十分に硬くなってくれない、挿入はできても中折れしてしまうということはないでしょうか。


また性欲はあって興奮はしても、勃起しない方もいるでしょう。こうした症状はすべてEDに含まれます。

物理的原因によって起こるED

このタイプのEDは、器質性EDという呼称が使用されていることも多いです。
ED自体、勃起不全や勃起障害、インポテンツといった別名があります。そしてEDは中高年だけの問題ではありません。若い世代にも起こり得る問題なのです。
主な器質性EDの要因は年齢の高まりのほか、生活習慣病と関わりの深い動脈硬化をあげることができます。さらに外科的手術を受けたことによるペニス付近の神経の損傷、事故に遭ったことなどによる伝達神経の損傷でも起こります。
また、男性ホルモンの一種であるテストステロンの分泌減少などが原因で、器質性EDは起こるのです。

血管障害や神経障害によって起こる器質性ED

物理的要因によって生じるEDについて少し触れましたが、器質性EDは血管障害や神経障害によって起こることがあります。
まず血管障害は、年齢の高まりによって進行する動脈硬化が原因で生じることが珍しくありません。動脈硬化は生活習慣病にともなっているケースもあります。しかし動脈硬化や生活習慣病の多くは初期症状にとぼしく、自覚した頃には相当に悪化していることも多く、注意が必要です。
次に神経障害によって生じるEDですが、脳で発せられる信号がペニスまで上手く届かないことで起こります。糖尿病の合併症のひとつである神経障害のほか、パーキンソン病やてんかんなどの病気によって起こることがあるのです。

内分泌機能低下によって起こる器質性ED

年齢の高まりやストレス、タバコを吸っている喫煙者であることや、過度な飲酒が原因となります。男性ホルモンの一種であるテストステロンの分泌が減少し、性欲や精力減退、EDの症状に悩まされるようになってしまうのです。
男性ホルモンの分泌が減少すると、男性更年期障害の状態になってしまい、EDになってしまう人も多いです。抑うつや苛立ち、疲労感、記憶力や集中力のダウンといった精神症状が男性更年期障害では起こります。また、ほてりや発汗、不眠のほかに、関節や筋肉関連の身体症状も起こってくるのが特徴です。更年期障害は女性特有のトラブルではないのです。

精神的原因によって起こるED

このタイプは、心因性EDと呼ばれていることが多いものです。
健康的な勃起というのは性欲や興奮があって、性的刺激を受けることによって生じます。性行為におよべるような精神状態でなければ、ペニスの勃起は起こってくれなくなってしまうのです。
仕事で忙しいなどの理由で心身共に疲れていると、セックスをするような気分になれないこともあるでしょう。しかし、ひどくなってしまえば性行為のたびに健康的な勃起が起こらなくなってしまいます。
そして緊張、焦りが大きくなってしまうと、心因性EDとして適切な対策をとらなければいけなくなってしまうのです。

現実心因と深層心因

心因性EDを引き起こす原因となるものとして、現実心因と深層心因をあげることができます。
現実心因はストレス、性行為時における極端な緊張や焦り、家庭に問題があるということが含まれます。男性器のサイズが小さい、包茎であるなどの性的な劣等コンプレックスも現実心因のひとつです。現実心因は自分で何が原因になっているか、気づけるものが該当します。
次に深層心因は、現実心因のように自分で何が原因か見当がつきにくいのがやっかいなところです。小さいころのトラウマ、無意識下に置かれた怒りや憎しみ、同性愛者であるために女性にムラムラせず、勃起しないといったことも深層心因に含まれるでしょう。うつ病などの精神病によっても、EDは起こります。

混合性ED

EDは必ず器質性EDのみ、心因性EDのみというようにひとつのタイプだけが起こるわけではありません。
人によっては不運なことに、器質性EDと心因性EDを併発してしまうことがあるのです。複数のタイプのEDが起こっている場合は、混合性EDといいます。
混合性EDは一般的に、器質性EDが先行する形になります。物理的要因によって血管や神経の異常が起こり、勃起機能の低下を招くことになります。そして自分がEDであることがメンタルに響いてしまい、心因性EDをともなうようになるのです。
混合性EDは事故に遭うことなどによるケガや、生活習慣病の一種である糖尿病、腎臓の機能の著しい低下などを理由としてあげることができます。混合性EDは器質性EDと心因性EDに対し、別々に適切な対処法をとっていかなければなりません。

医薬品の副作用によって起こるED

どの医薬品にも副作用を引き起こすリスクがあります。
医薬品の種類によっては、EDの症状が副作用として起こることがあるのです。この薬剤を服用し、副作用として勃起機能が低下してしまうタイプのEDは、薬剤性EDと呼ばれています。
薬の副作用については、添付文書をチェックしてみると何の症状が起こり得るのか把握することが可能です。しかし、EDの症状については添付文書でとくに触れていないということも珍しくありません。そのため、薬の服用を続ける中でED症状が生じるリスクがあることに気づかず過ごしている方が多いです。特に原因になるような問題は見当たらないのに、勃起機能が低下していると感じている場合には、原因として服用中の薬を疑ってみましょう。

どういう薬が原因になるのか

非常に多くの種類の医薬品が、薬剤性EDを起こすリスクを持っています。
最近はうつ病などメンタル系の病気を患う方が多いですが、服用する抗うつ薬や精神安定剤、睡眠薬などが原因になることがあります。
また、生活習慣病の一種である高血圧を抱えている方も多いです。高血圧の方は降圧薬を服用していると薬剤性EDを起こしてしまうことがあるのです。
他の生活習慣病として脂質異常症をあげることができますが、脂質異常症治療薬によっても勃起機能が低下してしまうことがあります。抗てんかん薬や抗潰瘍薬、抗男性ホルモン剤などによっても薬剤性EDを招くリスクがあります。

薬剤性EDについて気をつけること

解決方法自体はシンプルです。原因となっている医薬品の服用を中止してしまえば、勃起機能も回復する可能性が高いです。しかし、自己判断で薬の服用をやめてしまうのは良くありません。
たとえば高血圧を患っていて降圧薬を服用中の人が、EDの症状を気にして勝手に薬を飲むのをやめたとしましょう。すると、血圧のコントロールが上手くいかなくなってしまい、病状が悪化してしまうリスクがあるのです。
他の病気の治療のために飲んでいる薬も同様です。やめてしまうとその病気が悪化してしまい、改善が遅れてしまう原因にもなるため、自己判断で服用を中止してはいけません。
上記のとおりいろいろなことが原因となって、EDは起こります。EDのタイプが複数あるということで、精力剤の服用など対処法もさまざまです。

  • バイアグラ・レビトラ・シアリスといったED治療薬(勃起薬)の服用
  • 強壮剤・強精剤の服用
  • 生活習慣の改善
  • 増大サプリの服用や包茎手術・長茎術などによるコンプレックスの解消、カウンセリングなどメンタル面のケア
  • 男性ホルモンの低下に対して内服薬やテストステロンのホルモン補充療法を受ける

ほかにも対処法はもちろんあります。
多くの場合は上記のような方法のどれかひとつ、または複数を組み合わせて実行することになるでしょう。