解説

ペニスが小さいことがコンプレックスとなっている男性の多くは、
何とかしてペニスを大きくしようと様々な対策を行っている人も少なくないと思われますが、
ペニス増大を病院で行ってもらうのも一つの手段とされています。

 

 

しかし、実際にはどんな方法で行うのかその効果や費用、術後の痛みなどないのか細かいことを知っていないといざ大きくしようとしても不安が募るばかりです。

 

 

そこで、病院でペニス増大をするにはどんなことを行うかなど詳しく考えてみましょう。

 

 

一口に病院でペニス増大をすると言っても実はその方法は様々な方法が考えられるとされており、一昔前まではペニスを傷つけることで神経を損傷して感覚がなくなってしまうなどのデメリットもあったことから敬遠されてきたこともありますが、さらなる技術進化によって失敗やリスクも少なくなってきているとされています。

 

 

クリニックによっても異なりますが、手術の種類としては陰茎増大手術、亀頭増大手術、長茎術や長径術など様々な方法があるとされています。

 

 

病院でペニス増大を行うメリットとしてはいくつかのことが考えられ、サプリやストレッチの場合だと大きくするのにそれなりの時間を費やさなければならないとされていますが、手術であれば即効性を期待できるとされています。

 

 

また、病院に訪れたその日にカウンセリングを受けて当日に手術をすることも可能であり、手術時間自体も1~2時間ほどで済み、翌日も仕事を休むことなく普通に通勤できますのでわざわざ手術のために有休をとる必要などもないとされています。

 

 

その他のメリットとしては、サプリメントやストレッチの場合本当に大きくなったのかどうかは自分で測ったり比べてみないとはっきりせずに効果が期待できているのかいまいちわからないという不安がありますが、手術であれば増大できたという確実性が高いというメリットもあるとされています。

 

 

もちろんクリニックによって多少違いはあるとされていますが、実際に増大手術を受けた95%の人が確実に大きくなったことを期待できるとされているようです。

 

 

では、実際にはどんな手術を行うのかについて考えてみましょう。

 

 

まず大きく分けると、着る手術を切らない手術に分けられるとされており、切る手術の場合には包茎手術とも似ていますがこれまで包皮に隠れていた亀頭を露出させることでサイズアップに導くというもので、比較的リスクが低く費用も安く済むとされています。

 

 

もともと包茎でありなおかつ増大も希望する場合にはこの手術法が良いと言えるでしょう。

 

 

切らない増大手術としては、ヒアルロン酸やシリコンを注入することでサイズアップを図る方法です。

 

 

手術法としては、美容整形や豊胸など美容医療でも行われることが多い注入方法ですので施術においての安全性は高いとされています。

 

 

ただ、デメリットとしてはヒアルロン酸注入の場合には数年すると注入した成分が体内に吸収されてしまうことから効果がなくなってしまうために、大きくなった状態を維持したいのであれば定期的に注入しなければならなくなりコストがかかるということです。

 

 

体内に吸収されてしまうために、もう効果を持続させなくてよいという場合には数年たてば消えてしまうのでやり直しがきくという点でもよいと言えるでしょう。

 

 

ヒアルロン案の注入においては。
ピンポイントとの増大が可能という点も大きなメリットと言えるでしょう。

 

 

 

たとえば、 亀頭だけを大きくさせたいという場合には亀頭に注入してワンサイズ大きくさせることにより女性に挿入する際にも刺激となって良い結果を生むことにもつながるとされています。

 

 

カリ増大法は、女性の膣内の5~6センチほどのところにある性感帯に引っかかるようにすることで刺激を強化するために冠部を中心にヒアルロン酸を注入する方法とされています。

 

 

陰茎がひょろひょろに細いという人には陰茎外周にしっかりとヒアルロン酸を注入することで太くがっちりとしたペニスを手に入れることが可能な陰茎増大法もあるとされています。

 

 

ただ、手術を行うのはかなり痛いのではないかと不安に思い手術を躊躇している人も多いのではないかと思われます。

 

 

たたでさえデリケートな部分に手術を施すのですから気になるのは当然ですが、手術を行う前には痛みが出ないようにするために麻酔をかけますので術中の痛みはないと考えて良いでしょう。

 

 

局所麻酔の場合は注射ですから痛みを伴うこともあるかもしれませんが、クリニックによって笑気麻酔などを使用することもありますので不安な人は手術を受ける前に事前にどんな方法で麻酔を行うのか確認するのが良いと言えるでしょう。

 

 

費用においては、ヒアルロン酸の場合には注入量やヒアルロン酸の粒子の量によって異なるとされており、粒子のサイズが大きいほど持続時間や増大効果が高くなりますのでその分費用も高くなることが予想されます。

 

 

このように、病院でペニス増大を行う場合には様々な方法がありますので今度こそ長年のコンプレックスを払拭したいという人は一度検討してみることをおすすめします。

 

増大サプリ体験談!

ペニス増大サプリ人気情報

ペニトリンはコチラ



トップページ



紹介紹介