解説

「ペニス増大」というと、多くの男性にとって非常に魅力的な言葉です。
必ずしもペニスの大きさが男性の価値を表すものではないにしろ、多く男性は「大きい」ということに憧れを感じています。

 

日本人の平均的なペニスサイズは13~13.5cmと言われていますが、よく「大きい」と言われる外国人男性を国別にランキングしていった場合には、中間ほどのサイズです。
あくまでも平均値ですが、日本人男性のペニスサイズが極端に小さいということではないと覚えておきましょう。
その上でなお、「ペニスを増大させたい」と思うのであれば、サプリメントを服用しつつエクササイズを行う方法が効果的です。

ペニス増大のためのメカニズムについて

ペニスを増大させるためには、まず「ペニス増大のメカニズム」を知ることが必要です。
もっとも、細かな医学的知識を身に付ける必要まではなく、基本的な仕組みさえ把握できていれば問題ありません。
要は、

 

「ペニスはどういう構造になっていて、サイズアップのために成長させるべき部位はどこか」
「ペニスを成長させるために必要な栄養素はなにか」

 

という2点を知っているかどうかが大切です。

ペニスの構造

ペニスの構造を簡単に説明すると、ペニスのほとんどは「海綿体」という組織で構成されています。
海綿体とは、「スポンジ」のような組織で、非常に高い伸縮性を持っています。
海綿体組織ひとつひとつの血流が増えることで組織が肥大し「勃起」します。
海綿体組織の膨張率が高ければ高いほどペニスは大きく勃起するため、
【いかにして海綿体を大きく肥大(膨張)させるか】
がペニス増大のポイントです。

 

ということは、海綿体をより大きく膨張させるために効果的なアプローチを試みることでサイズアップが期待できるということになるので、
その目的に合致したアプローチを行うことが必要です。

 

たとえば、海綿体組織を大きくするための負荷をかける方法や、
海綿体組織への血流を増大させるための栄養摂取、
周辺リンパ組織の滞りを解消するなどの方法があります。

ペニスを増大させる効果的な成分

ペニスサイズ増大に効果が期待できる成分の1つである「L-シトルリン」は、通常の食物から摂取することは簡単ではありません。
また、効果が期待できる量を摂取することは大変なので、サプリメントを用いる方法が効果的です。
男性のペニス増大願望はいつの時代も大きく、市販されているサプリメントだけでも非常に多種多様なものがあります。
その中から【効果が期待できるサプリメント】を選び出し、使用しながらプラスαのアプローチを試みましょう。

 

サプリメントで摂取したペニス増大効果がある成分は、
ペニス周辺の組織(主に海綿体)に吸収させなければ意味がないので、
そのサポートをするためにエクササイズを行います。

 

摂取した成分は血流にのってペニス周辺に運ばれていくため、
血流がしっかりと循環するようにペニス周辺をリラックスさせるようにし、
血流量自体を増やすために筋肉のコリをほぐして循環を良くすることが大切です。

 

基本の方法はマッサージですが、ペニスへの血流が十分に促進された後は「海綿体への負荷」を意識します。
海綿体は「組織」である以上、破壊と回復を繰り返しながら成長していきます。
幼少期から成人期に成長する過程では細胞自体の数や大きさが変化する期待も高いですが、
ある程度の年齢に達してしまった場合は【組織ひとつひとつを肥大させる】という方法を検討しましょう。

 

 

筋力トレーニング(筋トレ)をする場合は目的によって方法を変えますが、
要は「一度、筋線維を破壊して再生する過程で強く大きくなる仕組み」を利用しています。
海綿体組織も同様の成長が期待できるので、
勃起したペニスを根元から亀頭の方向へしごいて血を集めるような方法が効果的です。

増大サプリ体験談!

ペニス増大サプリ人気情報

ペニトリンはコチラ



トップページ



紹介紹介