解説

ペニス増大のポイントは、マッサージをして血流を改善したり、大きくなりやすくなる柔軟性を高める点にあります。

 

例えば、筋肉は冷えると硬くなって柔軟性が低下するので、スポーツ選手は試合前に念入りに温めるのが共通点です。

 

また、単に動かして温めるだけでなく、お風呂に入って血流を促進すること、それにストレッチやマッサージを行うのもポイントとなります。

 

これをペニスに当てはめると、トレーニング前には入浴を行い、お風呂場で柔軟性を高めることが大切だと分かるはずです。

 

温める段階では、40度程度のお風呂を用意して、同時にお湯を浸したタオルをペニスに巻き付けます。

 

単にお湯に浸かるよりも、タオルを巻くと優れた保温力が得られるので、血流を安全かつ最大まで活発化させたり、本格的なサイズアップを目指したい人に最適です。

 

保温時間に決まりはありませんが、見た目で判断するとしたら、ペニスがほんのり赤く柔らかくなった頃合いが目安です。

 

一方、無理に温める過ぎるのは危ないので、お湯は40度を厳守して、タオルを使った保温も入浴時間内に留めた方が良いでしょう。

 

十分に血流が行き渡り柔らかくなったら、今度はいよいよペニス増大効果を引き出す、マッサージの本番に進みます。

 

平常状態を前提として、まずは先端部を指先で優しくつまみ、体の前方に向かって少しずつ引っ張ります。

 

力を入れ過ぎると痛めてしまうので、急激に引っ張るのではなく、最初は加減しながらコツを掴むことが肝心です。

 

効果を求める気持ちは分かりますが、ペニスを痛めてしまっては元も子もないので、焦らず安全なペースを心掛けるのがポイントです。

 

引っ張る時間は1セット5分程度で、1日5セットを目安に行うと効果的です。

 

ただ、ペニスの先端部分は皮膚が薄く、力の入れ過ぎで切れてしまいますから、強引には引っ張らないのが基本となります。

 

次は上下左右の運動で、最初のやり方と同じく、先端を掴んで各方向にそれぞれ行いましょう。

 

回数も同じく1日5セットが理想的で、一連の動作を終えた後は、時計回りに30回、反時計回りに30回回して終了です。

 

この終わり方を心掛けると、ペニス増大効果は高まりますし、思ったよりも早く効果が現れる結果に結び付きます。

 

三つめのやり方は、先端をやや強めに握り、一時的に血流を止めて、その後溜まった血流を解放するトレーニングです。

 

指を離すタイミングは、ペニスの色が充血して変わった頃合いで、血流が行き渡り色が元に戻ったら、これを1日10回の目安で繰り返します。

 

ただし、やり過ぎると負担が増大してしまいますから、ペニスの状態には気を付け、痛みが出たら直ぐに中断することが重要です。

 

これらの方法は、血流と膨張力を改善するのが目的で、継続する毎に効果が高まるのが魅力的です。

 

家族が同居していても始められますし、何よりお金の掛からないやり方ですから、ペニスサイズが気になる幅広い年齢の男性におすすめです。

 

しかし、少しでも早く効果を得たかったり、実感出来る変化が現れない場合は、サプリメントを採り入れた生活習慣の改善も役立ちます。

 

ペニスの膨張は血流、血流は血の質によって結果が決まるので、ドロドロの血液では期待するペニス増大効果が得にくくなります。

 

脂っこいものや甘い物好きは、総じて血流が悪くなっていますから、食生活を改善して野菜を増やしたり、血液を流れやすくするサプリメントを採り入れるのが有効です。

 

ストレスで食べ過ぎてしまったり、偏った食事になってしまう時は、運動で汗を流すと問題の解決に繋がります。

 

運動は血流を改善するので、お風呂場で取り組むマッサージの価値を高める、相乗効果を発揮するトレーニングとなります。

 

更に、サプリメントはペニス増大の取り組みを内側から支える、もう一つの心強い味方となるでしょう。

 

野菜は体に必要で健康的な食材ですが、1日の分量は意外に多く、推奨量を摂取するのは困難です。

 

菜食主義なら可能ではあるものの、栄養バランス的に強く偏るので、決して健康的な食生活ではないのが実際の所です。

 

マッサージ後に気分を悪くしない、あるいは効果を引き出して高める意味でも、食事は野菜多めの肉と魚中心で、分量的には腹八分目が理想です。

 

野菜は繊維質なので先に摂り、肉や魚は良く噛んで食べると、胃腸の負担が減って栄養の消化吸収が良くなります。

 

食べ過ぎは消化時間を長引かせますから、結果的に血液は胃に集まりやすく、肝心のペニスは血流不足に陥ります。

 

腹八分目は合理的ですし、消費されやすい栄養の不足分はサプリメントで補えるので、生活の総合的な見直しによって、ペニスに適した無理のない体作りが実現可能です。

 

良質な生活を心掛けてこそ、ペニスを鍛えるトレーニングの結果は出ますから、生活に改善の余地が見られる場合は、お風呂場以外でも見直してみることをおすすめします。

 

お風呂のマッサージでも分かるように、リラックス状態はペニスにとても良いので、血流を改善してストレスを溜めない体作りをする、それがペニス増大を目指すヒントとなります。

増大サプリ体験談!

ペニス増大サプリ人気情報

ペニトリンはコチラ



トップページ



紹介紹介