解説

ペニス増大を目指す方法のうち、「手術」に関しては高い即効性が期待できます。
手術によって物理的にサイズアップさせる方法であるため、極端に言えば、手術を行ったその日からサイズアップが実現します。
しかし、手術によるサイズアップは仕上がりが不自然になってしまったり、行為中に変形してしまうなどの問題に注意が必要です。
現代の医療技術ならばそうそう起こることではないとは言え、可能性がある以上は油断できません。

 

 

すぐにサイズアップができること、ほぼ確実に効果が期待できること、などを重視している人にとっては一考の価値があると言っても良いでしょうが、低コストかつ安全性が高いことを優先する場合には、【手術以外の方法を選択した方が賢明】です。
中でも、「サプリメント」+「トレーニング(マッサージ)」で行うペニス増大アプローチは、低コスト、低リスクで取り組めます。
ただし、確実性と即効性に欠ける点を考慮することが必要です。

 

 

ペニスのサイズアップメカニズムは、【海綿体の成長が重要】です。
ペニスを構成している組織である「海綿体」は、スポンジのような組織です。
スポンジを拡大してみた時と同じような構造になっていて、海綿体組織がそれぞれ膨張することによってペニスが肥大(勃起)しています。
海綿体自体は非常に高い伸縮性があるため、極端な言い方をすれば「際限なく大きくなる」ということです。

 

 

小指の先ほどの大きさしかない男性もいれば、女性の腕以上に大きなペニスを持った男性もいます。
人間の身体を構成している細胞量に極端な違いはない以上、「細胞の成長度合い」によってペニスのサイズ差が生まれていると考えても良いでしょう。
厳密に言えば、もっと難しいことが関係してはいますが、少なくとも【誰にでも大きなペニスになる素質とチャンスはある】ということを理解することが必要です。

 

 

海綿体の成長は、人体の他の器官と同様に「栄養」「トレーニング」で実現できます。
成長するために必要な栄養を摂取し、効果的な成長を促すためのトレーニングを行うことにより【少しずつ】ペニスが成長していきます。
以前は、20代になるとペニスは成長しないと言われていましたが、その通説を打ち破り年齢に関係なく増大が期待できると言った認識が広まっています。

 

 

たとえば、筋肉を大きく肥大させようとトレーニングを行ったとして、初めて数日で期待するほどの効果がでることはありません。
少なくとも数週間をかけて徐々に結果が出るのが普通で、ボディービルダーなどは数か月~数年を掛けて理想的な筋肉の形を作り上げていきます。
それほどまでに時間がかかる作業であり、いわば生き物を育てる様な感覚に近いものです。

 

 

筋肉の場合、そもそもの成長度合いが高いので短期間でも急激な筋線維の増大も可能です。
しかし、ペニスの場合は細胞自体を大きくするようなイメージでトレーニングを行うため、一朝一夕で成し遂げることはできません。
継続して栄養摂取とトレーニングを継続して行い、数か月を掛けて「少し大きくなったような気がする」という程度の結果しか出ないことも十分にあり得ます。

 

 

かてて加えて、期間中は継続的にトレーニングを行っていくことが必要になるため、期間次第では非常に大きな負担を強いられる可能性もあります。
その負担を耐え抜いてサイズアップが実現できたとしても、トレーニングを止めた途端にサイズダウンしてしまう可能性も十分にあり得るため、頻度の差はあってもサイズを維持したい期間はトレーニングをし続ける必要があります。

 

 

また、ペニス増大に効果的な栄養素とトレーニング法を理解するためにも、ある程度専門的な知識を勉強することも必要です。
医師や専門家のような知識を身に付けるほどではないにしても、必要最低限度の知識では到底足りません。
少なくとも、ペニスの構造、必要な栄養素、細胞を増大させるための理論的な方法の3点は必須です。

 

 

サプリメントとトレーニングを併用して行い、サプリメントの効果を最大限に高めることが1つのポイントですが、「ペニス増大器具を用いる方法」を合わせることで、さらに高い効果が期待できます。
単純にペニスが増大する可能性を高めるという意味ではもちろんですが、何よりも「増大期間が短くなる可能性がある」という点が特長です。
確実ではない方法でペニスサイズアップを目指す以上、少しでも可能性を高めるアプローチを意識することが大切です。

 

 


前は、ペニスサイズを増大させること自体が夢のまた夢と考えられていた時代もありました。
方法がない訳ではないにしろ、手術以外の方法では到底可能性がないと考えられていましたが、その時代でも「独自のトレーニングによってペニス増大を成し遂げてきた偉人」がいます。
その人たちに習い、理論と理屈に従って増大トレーニングを行っていくことがペニスサイズアップには重要で、長い時間がかかることも辞さない気持ちが必要です。

増大サプリ体験談!

ペニス増大サプリ人気情報

ペニトリンはコチラ



トップページ



紹介紹介