解説

男性のコンプレックスになってしまいがちなのがペニスの大きさです。

 

サイズが小さいことで女性の前に出るのが恥ずかしいなどのペニスに対してのコンプレックスを持っている男性は増えている傾向があり、ペニスの大きさは男性個人の自信にもつながっていきます。

 

そんなペニスのサイズを大きくするためには、手術をしたりトレーニングをしたりすることが良いとされています。

 

ペニス増大をすることのできるトレーニングの方法は、特別な道具は必要なく、両手さえあれば実践できるトレーニングになります。

 

 

具体的な方法としては、まずタオルやローションを用意します。
手を拭くことのできるタオルであればハンドタオルなどでも良いため用意しておきます。

 

ローションなしでトレーニングを行うと、摩擦によってペニスが傷ついてしまう可能性もあります。
それを避けるためにもきちんとローションを用意することがオススメです。

 

ローションにも様々な種類があり、質感などが異なってきます。
自分が心地よいと思うものを使うことが効果的となります。

 

 

用意が整ったら、トレーニング前にホットラップという方法でペニスを温めていきます。
温めることで血流を良くすることができ、勃起しやすくなります。

 

ホットラップの仕方としては、ハンドタオルを用意して40?50℃のお湯で濡らして絞るか、水で濡らして電子レンジで温めてホットタオルを作ります。
火傷しない程度の温かさのタオルをペニス全体を覆うようにしてペニスを温めていきます。

 

血流をあげることによってトレーニング効果を高めることができます。

 

ペニス全体を包んだらタオルの上からマッサージするように軽く繰り返し握っていきます。

 

陰茎だけではなく亀頭の部分もマッサージすることでより血流がアップします。

 

タオルが冷めたらホットラップは完了です。
ホットラップをやるとやらないのでは効果が違ってくるためやることをおすすめします。

 

お風呂に入っている場合には、湯船に浸かりながら軽くペニスを揉むのも有効です。

 

 

ペニスが温まったら、次にウォームアップを行います。

 

利き手の反対の手の親指と人差し指で輪を作って、ペニスの根元を押さえます。
もう片方の手は亀頭の根元を輪を作って握ります。

 

下の太ももの方へペニスをゆっくり15秒かけて引っ張っていきます。

 

次に右方向、腹部側、左方向へと同じように15秒ずつ引っ張るようにします。

 

それが終わったら手を離して、軽く揺らすことでペニス全体に血液を循環させていきます。

 

最後にもう一度ペニスの根元と亀頭を握って時計回りと反時計回りを5回ずつ回して完了です。

 

 

利き手にローションをつけたら、利き手とは反対の手で輪を作ってペニスの根元を押さえます。
利き手で小指から順番にペニスと握っていきます。
親指まで握り終わったら5秒キープします。
これを1回として20回繰り返します。

 

ペニスに根元から血液を送るようなイメージで行うことがポイントです。

 

ペニスを握っている時には肛門周りの筋肉をしっかり締めることを意識することも重要です。

 

このトレーニングに慣れてきたら徐々に無理のない範囲でキープの動作を増やしていくことも効果的となります。

 

最終的には10秒間キープすることが目標に進めていきます。

 

ただし、ペニスを強く握りすぎてしまうと細胞が壊死してしまうこともあるため力加減には注意することが必要です。

 

 

次は、根元を押さえたらローションをたっぷりつけたもう片方の手も根元を握ります。
利き手と反対の手にもう片方のローションのついた手が覆いかぶさるような状態になります。

 

下の手を固定したまま、ローションのついた手をゆっくり亀頭の方へ動かしていきます。
亀頭の根元まで到達させたら、また陰茎の根元にまで戻すのを3秒かけて行います。

 

この動作を1回として20回を1セットとして3セット繰り返せば終了です。
セットとセットの間にインターバルを1分とっても良いとされています。

 

ペニス全体に血液を行き渡らせることをイメージしながら、スライドさせていきます。

 

マスターベーションではないため射精しないように注意しながら行います。

 

 

トレーニングが終了したら、軽く根元を握って回転させることでクールダウンし、両手でペニスをつかんで軽く揉みほぐして完了です。

 

 

トレーニング効果を出したいからといって毎日行ってしまうと、オーバーワークになってしまいペニスを傷つける原因になってしまいます。

 

しっかり効果を出したい場合には週に2回は最低でも休息日を設けることが大切です。

 

このようなトレーニングを行うことによって、ペニスを鍛えることができペニス増大につながっていきます。

 

ただし、効果を出すためには、他の筋トレと同じようにある程度の時間が必要となります。
最低でも半年は続けることが重要となります。

 

より高い効果を得たいという場合には、サプリメントを飲んでサポートにするなどの工夫をすることが良いとされています。

増大サプリ体験談!

ペニス増大サプリ人気情報

ペニトリンはコチラ



トップページ



紹介紹介