ぺニス増大器具について

ペニス増大器具とは、ペニスに取り付けてチンコを大きくする器具のことです。

女性には理解できない事情とも言われますが、男性にとっては非常に大きな問題でもある「ペニスサイズ」に関しては、「機会があれば増大に挑戦したい」と思っているのです。

 

男性のペニスの長さは、13~15cm(計測法によって異なる)と言われています。

しかし、巨根と言われる人は20cmに届く男性もいるわけです。

普通だとすぐに巨根(デカマラ)になることはできないので、増大器具を使って、大きくするわけです。

 

もちろん、男性の中には10cmに満たない男性も少なからずいます。

そのような人も増大器具を使って自分のチンコを大きくするわけです。

 

今回このページでは、増大器具について、どのような器具があるのかご説明していきます。

 

ペニスを物理的に増大できる!ペニス増大器具

ぺニス増大の手段となるのは、

ペニス増大サプリ

増大器具(アンドロペニスなど)

手術

などがあります。

 

もちろん、すべての方法がペニス増大に効果があるわけではありません。

 

ペニス増大効果を期待するのであれば、「医学的に根拠が認められている方法」もしくは、「医学的な根拠に基づいて行う方法」を選択する必要があります。

 

なので、手術を使ってペニスにメスを入れて大きくすることが一番確実にペニスを大きくすることなのですが、失敗や傷が残るなどのデメリットもあるわけです。

 

そこで安全で、なるべく効果的に対応できる、ペニス増大サプリ&増大器具という方法をとるわけです。

 

L-シトルリン」という成分は、ペニス増大サプリに配合される成分ですが、医学的に証明される、増大に期待される成分です。

その成分に合わせ、器具を使うことで、ペニスの大きさを相互にあげていくわけです。

 

増大器具は

 

効果があるとされる成分を含んでいるものであっても、個人差によって期待するほどの結果が得られない可能性も十分にあり得ます。
もし、確実性の高い結果を期待するのであれば、「物理的な手術によって増大を試みる」ことが必要です。

とはいえ、物理的な増大根拠として、「海綿体を成長させる」という方法は有名です。アンドロペニスなどのような増大器具を用いて、半強制的にペニスサイズ増大を目指す方法であれば、それなりの結果が期待できます。
そして、それに期待している多くの男性は、実際にペニス増大器具を用いて目標達成に邁進している状態です。

ぺニス増大器具の副作用

ただ、このような方法には副作用ともいうべき懸念材料があります。
程度のほどは個人差がありますが、まったくのノーリスクで目的を達成できるとは限りません。
必ず、「どのような副作用が考えられるのか」を理解したうえで、それらに対する対応策を用意したうえで実行することが大切です。

また、器具やサプリメントの価格はピンキリですが、必ずしも価格に比例して効果が高まるというわけでもありません。
実際に利用した人の体験談、レビューやクチコミなどを参考にしながら、自分自身の体質や生活環境などと見比べたうえで、「より高い効果が期待できそうな方法」を選択するようにしましょう。
さらに、万が一の状況が起こった時のために、信頼できる医療機関で相談できる体制も整えておくと安心です。

ペニス増大器具の種類

ペニス増大に使用する器具には吸引型と、牽引型の2種類があります。
それぞれの特徴と器具効果は次の通りです。

ペニス増大器具 吸引型

吸引型の特徴は単純で、シリンダーと言われる筒の中にペニスを挿入し密封して真空状態にします。


強制的に血液が陰茎の海綿体に引っ張られるため大きくなります。イメージ的には、膨大と言うよりは膨張する様な形になります。


吸引型にもいくつか種類があり、手動、電動、水の中で使用するものに分かれています。また、ペニスを長くするか太くしたいかにより選ぶサイズも異なってきます。


ペニスを長くするのなら太さに余裕のないシリンダーを選び亀頭径のプラス3mmくらいが目安となります。
太さに余裕がないので、ペニスが上に上にと引っ張られる様になります。


逆にペニスを太くするのであれば、亀頭径のプラス8mmくらいを選びます。太さに余裕があるので横方向にも引っ張られてペニスが太くなる仕組みです。


ペニスを長く太くしたい方は、そのやり方を交互に行う事で効果が現れます。


但し、ペニス増大器具の注意点もありペニスのサイズに合った物を使用しないと、皮だけが吸引されて伸びてしまう事があります。


特に亀頭部だけがうっ血してアザが残る事もあり、黒ずむ事もあるので長い時間頻繁に行うのは危険です。


初めは10分も吸引すると大半の方が陰茎に痛みを感じますが、これは牽引型も一緒になります。目安としては1日10分から20分くらいで慣れるまでは短い時間で済ませ徐々に慣らしていきます。


使用時は、血流量が多くなりペニスは確かに大きくなりますが、直ぐに陰茎の組織自体が増大する訳ではないので、毎日継続する事が必要です。


つまり陰茎自体が成長する前に止めてしまうと、ペニスが元に戻る可能性が高いのです。

できれば増大サプリメントを組み合わせて、体内と体外から男性性器を刺激する様にしペニス増大を図ります。

ペニス増大器具 牽引型

牽引型の特徴と器具効果は、単純にペニスを引っ張り強制的に大きくする方法です。


昔は重りを付けて引っ張っる事もあり伝統的なやり方となります。


原理としては、陰茎を常に引っ張り力を加えて徐々に長くするので、人間の体は一定の力を加えると変形していき、継続すればする程効果は確実になります。
例えば首長族をイメージすると良いです。


長い期間引っ張り続ける事により、首も変形して長くなっています。


また海外でも実際に牽引型の増大器具の医療認可があり、その効果や実績もあります。


但し、牽引型は吸引型と異なり1日の使用時間が長く平均8時間程牽引しなければなりません。


もちろん連続8時間ではなく途中休憩を入れても構いませんが、トータル8時間は引っ張り続けないと効果はありまえせん。
そして長時間引っ張られるのでペニス自体もかなり痛くなります。


また、亀頭部の皮膚は敏感なため、摩擦で皮が剥けて出血する事もあります。


器具を付けたままでは見た目でバレる恐れもあり、トイレなどでも見られる可能性があるので自宅で使用する様になります。


更に器具効果としては、使用を継続する事によりペニスも長くなりますが、引っ張る事をメインとしているため、太さは自体は変わりません。


つまり長さだけを求めるなら牽引型でも問題はありませんが、太さも同時に求めるなら吸引型の方がメリットは出ます。

ペニス増大器具の購入方法

ペニス増体器具は、多くの専門点があり実店舗での購入に羞恥心や抵抗がある方は、通販で入手する事が可能です。


段も安価なものから高価なものまで色々あります。


特に安い中国製の器具などは、あまりお勧めはできません。


逆に日本製のものなら日本人のペニスに合わせてサイズを作ってあり、安心や安全を求めるのであれば高価でも日本製を使用する方が良いです。